Windows 11 セキュリティ

Windowsセキュリティが開けない時の対処方法

 

 

Windows11にアップグレードしたらMicrosoft Defenderが動かなくなっちゃった!
詳しく調べてみたらWindowsセキュリティが開けなくなってる!!

 

元々Windows10を使用していた方は無償でWindows11にアップグレードすることができるのですが、このタイミングでWindowsセキュリティが開けなくなってしまうという事象が多く報告されています。

未だにWindows11にアップグレードせずにWindows10を使い続けている方も多いと思いますが、もしこのような場面に遭遇したらこの記事を参考にしてみてください。

それではさっそく解決方法について解説していきます。

 

 

 

Windowsセキュリティが開けないとどうなるの?

 

本記事の冒頭でも触れていますが、Windows11にアップグレードしたタイミングでWindowsセキュリティが開けなくなるというトラブルが発生することがあり、以下のような状況を確認しています。

 

事象

・Microsoft Defenderを使用したスキャンができなくなる

・Windowsセキュリティを開くことができなくなる

 

状況に少しだけ触れていきましょう。

 

 

Microsoft Defender(旧Windows Defender)でスキャンできなくなる

 

図1のようにマルウェアスキャンをしたいファイルを右クリックしMicrosoft Defenderでスキャンを実行すると、通常であればWindowsセキュリティの画面とともにスキャン結果が表示されるはずです。

しかし、何度クリックしても何も画面に変化がないか、図2のように「この windowsdefender リンクを開くには新しいアプリが必要です」と表示されてしまい、スキャンが実行されないという状況になってしまいます。

ちなみに図2のエラーは、ファイルを開くためのアプリケーションが見つからない時に表示されるエラーです。

 

図1.Microsoft Defenderを実行しようとしている

 

図2.なんかエラーっぽい画面が表示される

 

 

Windowsセキュリティが開けなくなる

 

設定→プライバシーとセキュリティからWindowsセキュリティを開こうとしても、前項の図2のようにアプリケーションが見つからないエラーが表示されてしまいます。

考えられることとして、Windows11にアップグレードしたタイミングでWindowsセキュリティのシステムファイル等が破損してしまった・アンインストールされてしまい消滅してしまった・何らかの理由で参照できなくなってしまったせいでこのようなエラーが表示されているものと推察されます。

 

図3.Windowsセキュリティが開けないんですわ

※クリックで拡大

 

このままにしておくとどうなる?

 

確実なことは言えませんが、好ましくない状況であると思います。

というのも、WindowsセキュリティはWindowsにおけるセキュリティ機能全般を司るシステムであるからです。

この機能が停止してしまうと、マルウェアの感染リスクが上昇してしまう恐れが考えられます。

 

図3から各項目がチェックマークで稼働しているように見えるので、もしかすると内部的にはセキュリティ機能は生きているという可能性もありますが、やはり気持ち悪いことに変わりありません。

というわけでさっさと直してしまった方が安心してパソコンを使えると思います。

 

100%改善させられるかどうかはわかりませんが、以下に私が実際に行った対処方法などを記します。

 

対処方法

 

試してみたいことがいくつかありますので、以下を上から順に試して都度復旧するかどうか確認してみてください。

 

PowerShell を使用して修復または再インストールしてみる

 

PowerShell を使ってWindowsセキュリティの修復や再インストールを試してみましょう。

 

 

手順

 

1. PoweShellを管理者で実行する

まずPowerShellを管理者で実行します。

タスクバーの虫眼鏡アイコンに「powershell」と入力し、「管理者として実行」をクリックします。

 

※クリックで拡大

 

するとあまり馴染みのない、難しそうな黒い画面が表示されます。
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれたら、はいを選んでください。

 

2. Windowsセキュリティの状態を確認する

以下のコマンドレットをコピーし、黒い画面のどこでも良いので右クリックしてみてください。
おそらくコマンドレットがPowerShellに貼り付けられるはずです。

Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | FL

コマンドレットが貼りついたらEnterを押します。
少しだけ画面に変化がありますが少し待つと図4のようになりますので、ここで状況を確認していきます。

図4.PowerShellのコマンドレット実行画面

 

リストのようなものが表示された場合は3-1へ

この図4のような画面が表示された場合はWindowsセキュリティはインストールされているものの何らかの不具合が生じています。

この場合、「3-1.修復用のコマンドレットを実行する」を試してください。

 

赤字でエラーが表示された場合は3-2へ

もし図4のような画面ではなく、「Add-AppxPackage : パス~~~~~~~が存在しないため検出できません。」といった文字が赤字で表示された場合は、Windowsセキュリティが消滅している可能性があります。

この場合、「3-2. 再インストール用のコマンドレットを実行する」を試してください。

 

3-1. 修復用のコマンドレットを実行する

 

2で確認した状態がリストのようなものが表示された場合、以下のコマンドレットをコピーし、黒い画面のどこでも良いので右クリックしてみてください。
コマンドレットがPowerShellに貼り付けられるはずです。

Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | Reset-AppxPackage

コマンドレットが図5のように貼りついたらEnterを押します。
少しだけ画面に変化がありますが少し待つと図6のようになりますので、この状態になったら画面を閉じて構いません。

 

図5.PowerShellの画面

図6.Enterを押すと改行された感じになる

 

3-2. 再インストール用のコマンドレットを実行する

 

2で確認した状態が赤字のエラーが表示された場合は、以下のコマンドレットをコピーし、黒い画面のどこでも良いので右クリックしてみてください。
コマンドレットがPowerShellに貼り付けられるはずです。

Get-AppxPackage -allusers *Microsoft.SecHealthUI* | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

コマンドレットが貼りついたらEnterを押します。
少しだけ画面に変化がありますが少し待つと前項の図6のようになりますので、この状態になったら画面を閉じて構いません。

 

 

4. Windowsセキュリティが開けるか確認する

 

大半のケースはこれで直っていると思います。

図6.Windowsセキュリティが表示された!

 

 


 

以上が対処方法となります。同じような状況でお困りの方がこの方法で直ることを祈っています!

これでもダメなら、コマンドプロンプトを管理者で実行し、SFC /scannowや、DISM / Online / Cleanup-Image / RestoreHealthを試してみても変化があるかもしれませんね。

 

-Windows 11, セキュリティ
-

© 2022 PCトラブルサポートセンター